とよこれんのあゆみ

■とよこれんのあゆみ

昭和32年ころより、地域単位に子ども会が発足し始め、昭和35年に町子連を結成し、子ども達の健全育成のため、また、地域社会との連携を深め、たくましい子どもを育成しようという運動を広げ、着実に発展してきました。
市内各地域に子ども会が根付いているのは、当時の町子連の方々のご尽力の賜物です。
現在では市内でも青年の健全育成団体の中心的役割を担っています。

str_picture.jpg

■沿革と特色

豊明市は名古屋市と隣接し、ベッドタウンとしても昭和45年以降人口が急増し、小学校も9校に増え、全市的な活動から学区単位を支部組織にし、各支部単位の活動に変わってきました。

昭和50年以後
ソフトボール大会、書き初め大会、運動会などの行事を企画、実行してきました。
昭和55年から
市内にキャンプ場を開設し、子どもの自主性・協調性・創造性・連帯性等を養うために単位子ども会に奨励してきました。
昭和58年から
各地域での子ども会活動を中心とすべく豊子連主催行事を減らし、現在では、サマーキャンプ、子ども会大会、ジュニアリーダーの育成、広報紙の発刊、役員の研修を主催事業に、市内各地域の子ども会の調整役、全子連並びに県子連とのパイプ役として活動をしています。
平成16年2月に
兵庫県宝塚市において開催された全国子ども会連合会(全子連)中央会議・研究大会にて育成団体として表彰を受けました。

 

本年度のテーマは、「やっちゃえトヨコレン」とし、新たなことに挑戦する楽しみを体 感することで、子どもたちの自主性や社会性を育む、子ども会活動を行ってまいります。

昨今、子どもたちをとりまく環境は大きく変化しています。少子化、いじめ、虐待、そ して学校教育の多様性です。また、インターネットやSNSなどの普及に伴い、子どもたち のコミュニケーション不足、犯罪の横行などの話題が尽きません。こうした問題の解決策 の1つとして、子ども会活動があります。更に本会の役割として、東尾張子ども会連絡協 議会、愛知県子ども会連絡協議会、全国子ども会連絡協議会の連絡調整をし、地域子ども 会がより円滑に活動できるようサポートさせて頂きます。

本年度のメイン事業としましては、サマーキャンプを復活させます。自然の中で生活す ることで、危険予知をし、友達と助け合い、協力し合うことから得た経験は、子どもたち の心を大きく、そして強く育みます。また、豊明市、あるいは地域子ども会育成会の皆様 にもお力添え頂きながら、年少リーダー・ジュニアリーダーの募集、育成にも力を入れて まいります。

最後になりますが、ワクワクドキドキする子どもの手による子ども会活動を進めていく 為には、地域子ども会育成会の皆様の深いご理解とご協力が必要です。子どもたちの成長 を見守り、私たちも成長できる豊子連活動を皆で創り上げていきましょう。本年度も、ど うぞ宜しくお願い申し上げます。
会長画像
 

豊明市子ども会連絡協議会会長 服部 裕

■歴代会長

初代会長 森瀬 敏夫 昭和35年~41年
2代会長 神野 春吉 昭和42年~52年
3代会長 井上 義孝 昭和53年~61年
4代会長 平野 龍司 昭和62年~平成7年
5代会長 平野 敬祐 平成8年~9年
6代会長 坂田 憲冶 平成10年~14年
7代会長 田中 伸一 平成15年~平成22年
8代会長 加藤 健一 平成23年~平成27年
9代会長 服部 裕 平成28年~現在
ホームページについて

※各単位子ども会会長のお名前の掲載並びに総会、サマーキャンプ、子ども会大会等の豊子連の事業に
参加された方の写真を掲載する場合がありますので、ご了承くださるようお願い申し上げます。